仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

タグ:街開発

32
街の水路や道を見てもらうと分かりますが,この街では石のハーフブロックを多用しています.
今までは丸石製造機前の仮拠点で石を焼いていましたが,街の範囲の拡大に伴って供給が追いつかなくなってきました.
そこで,新たに精錬所を作りたいと思います.場所は上の画像の港前,スケルトントラップの向かいです.

48
スケルトントラップが稼動し,骨ブロックの供給が開始されたので早速使ってみます.
一定間隔で柱を立て,,,

42
少し分かりにくいですが入り口部分の柱を赤いテラコッタにしておきます.
また,精錬所に合わせて水路を拡張しました.もちろん,精錬所も水路側から入れる様にする予定です.
15
ひとまず外観は完成.
次回,中の紹介をしたいと思います.



05
カイロの事務所兼自宅の隣,港脇の土地は一等地であるにも関らず空き地にしてあります.
実は左奥の土の目印がある場所の地下にスケルトンスポーンが眠っており,この時期に追加された骨ブロックを使うべくトラップをここに建設する予定です.

41
そして例のごとくSSを撮っていなかったため後日まとめて詳細をご紹介しますが,スケルトントラップが完成しました.建屋の中にはアイテム分別機が詰め込んであり,矢と骨を分けています.

32
上空からはこんな感じ.
当初はこの画像のように水路からのみ入れる様にしましたが,面倒だったので結局桟橋を道まで伸ばしました.

10
それ以外に後日紹介を行う予定の物として,画像左の採掘場があります.
ここも水路・陸路両方で辿り着けるようになっていますが,自宅からだと専ら水路を使っています.
因みにレンガ屋根の建物は丸石製造機・採掘場の両方から出る丸石を貯蔵する丸石倉庫です.

22
採掘場への入り口は徒歩・トロッコ双方が使えます.
パワードレールが設置されているのが上り,何も無いのが下りです.
この線路は貨物も走る事になっており,地下で詰めた貨物は上の建物で回収され,そこから丸石が分別されます.
また,ホッパーのパイプラインが見えていますが,左からのラインが丸石製造機から,手前からのラインが採掘場からのラインになっています.
丸石倉庫地下で合流し,ポンプアップしてからチェストに流しています.


22
カイロの港は真ん中に水路が通り,その両脇を埠頭で挟む構造にし,街には水路で直接乗り入れる形を目指します.
26
ただ,真ん中を水路が貫通しているだけでは右岸と左岸で街が分離してしまうので,港には橋をかけました.

37
橋は港の両端に設置.港から水路両岸沿いに伸びる道へ接続します.
因みに,港の床は色付きのテラコッタを中心に構成しました.(このときはまだ彩軸テラコッタは登場前)
18
窓や装飾を施してカイロ港の完成.
港の次は拠点建設を進めていきます.


48
マサラタウンのバー建設のまとめとして,内装の紹介をしたいと思います.
まず1F.先日お伝えしているように,バーカウンターがあり,そのほかに3席のテーブル席が設けられています.
カウンターの奥にはお客さんのキープボトルが置いてあるようです.

37
カウンターからの眺め,
すこし見にくいですが,左奥にレバーが設置されており,これでオルゴールを制御するようになっています.

55
2Fへの階段を登ると,広々としたテーブル席が設けられています.
1Fは個人や少数のお客様,2Fは団体のお客様という様に何となく使い分けられています.
2Fの奥には出窓が設置され,夜景を見ながら語らうことも出来ます.

08
その出窓から店内を見るとこんな感じ.
暗い店内のアクセントに,庭に植えられているのと同じ花を生けています.
これでバー建設は完了です.
次はお茶屋さんでも作ってみたいですね.



47
屋根を張り,バーの2F部分も含めた外観がほぼ完成しました.
上の画像は屋根張りの途中で,分かりにくいですが2Fの内壁も見えています.
屋根,本当はログハウス的な屋根にしたかったのですが,色の濃い神社のような屋根になってしまいました.
神社を作るときの技術開発をしたと思うことにします.

01
外観の全景.
小さな庭をもつお洒落なバーがマサラタウンに誕生しました,
奥に建設中のものはとある仲間が建設中の自宅です.バーに通うために隣に引っ越してきたようです.

44
さて,実はこのバーの地下には音符ブロックを利用したオルゴールが設置されています.
曲目はFFのテーマで,ON・OFFはカウンターからマスターが制御します.
また,AND回路を用い,スイッチを入れている間はずっとループで,スイッチを切ると,曲が終わったらリピートが停止するようになっています.
もし一人でもコメントなどでご希望頂ければ回路図を作成しようかと思います.




↑このページのトップヘ