仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

タグ:街開発

16
これまで平和島における拠点機能は基本的に平和島発祥の地にある小屋に集約されていました.
しかし,道の整備も進み,開発に当たっての往復が面倒になってきたので拠点として屋敷を作る事にしました.
場所は商館の裏,比較的交通の便の良いところです.因みに目抜き通りの延伸先は平和島駅が建設される予定なので陸海の交通にアクセスしやすい位置になります.

23
まずは間取り作り.
以前,知人の個展で新潟の日本家屋に行きましたが,その日本家屋を参考にしています.
また,天然の池があったので敷地にそのまま取り込んでみました.

03
門も日本風の門を設置.
今もお金持ちの家はこういう家が結構ありますよね.


43
カイロの開発もひと段落したところで久々に平和島に戻ってきました.
気付けば平和島は港しか作っていないのに,カイロはずいぶんと発展してしまいました.
ここでひとつ気合を入れなおして和風の街・平和島の開発を再開したいと思います.
まず最初に海沿いまでの道を引くのも兼ねて海沿いに港の入り口を守る砦を作りたいと思います.
場所は港の西側,上のSSでいうと左側です.

42
まず,港に隣接するように小さな射室を設けました.

40
次にその射室の隣にいくつもの射窓を設けた小さな砦を建設.
射室は「い号射室」,砦は「い号海砦」というように命名します.

33
上空からの眺め.
港の入り口が矢の射線に納まるように設計されています.
また,砦で一番高い建物には分かりにくいですがディスペンサーが設置されており,左側の航路を通って入港する不審者を(たぶん)一網打尽にしてくれます.



45
一番大掛かりな分別機の設置が終わったので,植林場にアクセス通路を付け,屋上に実際の植林場を設置していきます.
これは自宅のベランダからの景色.
奥の方のオレンジの階段が植林場に上がっていく階段です.
緑のガラスの奥は分別機.

04
階段を登ると敷き詰められたホッパーの合間に土が置いてあるのが分かります.
特に苗などはこのホッパーで取りこぼしを少なくしています.

24
外壁設置前の様子.
設計を工夫したのですが,これが最小サイズです.

30
外壁を設置して完成.
植林場の手前はホテルを建設中で,植林場の真下を通る道を使ってアクセスするようにしました.
こちらはいずれ...


59
精錬所を稼動させるためには当然ながら燃料が必要となります.
この燃料を供給するために精錬所を作りたいと思います.
場所は精錬所と水路を挟んで反対側,柱が何本か立っている所です.

植林場ですが,この場所に作るのには訳があります.ご存知の通り,余りがちな苗は燃料として使うことが出来ます.そこで,植林所からの余剰苗を自動で精錬所へ流し,更に余剰原木も自動で輸送する事で余剰資源を自動で木炭製造に利用するシステムを構築する事にします.

53
まずは床張り.
市松模様の床は人がアクセスする部分,そうでない床は機械室という様に一応分けています.
10
小さなボート乗り場も設置.向かいの精錬所と同じサイズです.
チェストが沢山並んでいるのはここに分別機を設置して原木・苗の種類ごとに格納するため.
また,右下の砂地部分は余剰アイテムを精錬所へ流すポンプを設置するスペースとなります.

24
精錬所の中には自動精錬機を10台ほど設置しました.
設置位置は概ね柱の間隔.仕組みは色々なところで紹介されていますが,かまど,チェスト,ホッパーを接続した簡単なものです.

29
最初は何台か連結して,一つのチェストに出力を纏めようかと思ったのですが,複数人で使う可能性を考えて今回は接続はやめておきました.
どこか自宅に設置するならば全部出力は纏めてしまいますが.
因みに,今火が付いている右端の1台は後日ある仕掛けをしたいと思っています.

35
水路側の入り口は陸側と反対側に設置.
船が建物の中に入り込んで停泊出来ます.一度に4艘ほど停泊できるので,今の所容量としては十分だと思っています.
水路の向こうには先ほどの仕掛けと関連した設備の建設準備中.
59
港から精錬所横にも道を伸ばしておきます.
これで港前は少しずつ街っぽくなってきたでしょうか.




↑このページのトップヘ