仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

タグ:港街

59
本格的な経験値トラップ工事の前に往復の鉄道を発着所を整備して行きます.
今回は出発と帰着地点を分けようと考えています.まず,上に見えているのは出発地点.
右側のボタンを押してトロッコを設置し,左側のボタンで出発します.

52
これだけではストックされているトロッコが無くなったら出発できなくなるので,
帰着地点から出発地点にトロッコを戻す機構を取り入れます.
帰着地点は左上.ここからホッパーでトロッコを戻します.

51
サボテンでトロッコをアイテム化し,ホッパーで取り込んでドロッパーを使ったポンプに流します.
因みに,いつか特集したいと思っていますが,このポンプは自分ではオリジナルと思っている方式のポンプです.(誰か先に開発してる人もいそうですが...)
すこしコストは高いですが,アイテムを残すことなく綺麗に上に輸送する事が出来ます.

18
これを先ほどのホッパーに接続して完成.
まだ建設途上ですが,出発・帰着は一方通行にしてみました.

58
蜘蛛スポーンへと続く鉄道を更に敷設して行きます.
下りは動力が不要なので金の消費が無く,お財布には優しいですね.

09
そんなこんなで経験値トラップ建設予定地に到着.
奥側には帰り用の線路敷設予定地を確保.
59
帰りは上りになるので高コストですがパワードレールを敷設.
建設には地上と地下を往復する事になるので,このまま地上まで線路を引っ張って行く予定です.


05
平和島での第二期工事を終えて久々に六角港に帰還.
長期遠征からの帰国を港が迎えてくれます.
これまで六角港にはエンチャント室はありましたが,経験値は各自が各所で稼いでくるものでした.
しかし,これでは大量のエンチャント本を生産する本屋の開業がおぼつきません.
そこで,これまでに発見している蜘蛛スポーンブロックを利用して経験値トラップを作る事にしました.

50
場所は六角港街の東側城門近く.
まずは建設予定地の埋め立てからスタート.
また,平行して地下への鉄道路線建設も行っています.

56
地下への入り口はこんな感じ.
基本的に,地下深くの蜘蛛スポーンへは鉄道でアクセスする事にします.
この鉄道建設も地味に大変でした...


29
この世界の和風建築の漆喰には白の羊毛が大量に消費されるので,隙間時間でなるべく沢山毛を刈ります.
もう少し羊を増やすか悩みどころ.

29
また,和風建築には色味の落ち着いている松の木も大量に消費されます.
平和島内に作っても良かったのですが,建築計画の邪魔をしないために近くの小島を植林場に.
この島を松島と今名付けました.

34
かなり分かりにくいですが,松島の隣の島には誰が育てたのか巨大な松の木.

32
物資輸送中の海の上から.
丘の上に続く道,遠くから見ると結構綺麗で気に入っています.

00
この時期にちょうどアップデートがあり,追加された彩軸テラコッタを物資を取りに訪れた六角港街の港湾ターミナルで試して見ました.


35
次は屋根裏を作って行きます.屋根裏の位置は母屋天井の上.
まずは上に上がる階段を画面の右手前に作ります.

25
その改案を上がると建設中の屋根裏部屋へ.
階段はスペース節約のために幅1mにしています.
実際の日本家屋の屋根裏に上がる階段もやたらと狭かったりしますよね.

18
床材を敷き詰め,最低の高さが2mになるまで屋根裏を埋めます.
これでチェストを置いても開かないということは基本的に無くなりました.
ということで,この屋根裏部屋はこの屋敷の倉庫として活用したいと思います.
まだ何もおかれていませんが,平和島開発に伴って発生する砂・砂岩・土・砂利・丸石などの
資材をこの屋根裏に保管したいと思います.
当然貴重品もこのどこかに隠す事になりますが...46
これでひとまず平和島の自分の屋敷は完成です.
今後,順次区画整理した土地を仲間に使ってもらおうと思います.

↑このページのトップヘ