仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

タグ:港街

45
一番大掛かりな分別機の設置が終わったので,植林場にアクセス通路を付け,屋上に実際の植林場を設置していきます.
これは自宅のベランダからの景色.
奥の方のオレンジの階段が植林場に上がっていく階段です.
緑のガラスの奥は分別機.

04
階段を登ると敷き詰められたホッパーの合間に土が置いてあるのが分かります.
特に苗などはこのホッパーで取りこぼしを少なくしています.

24
外壁設置前の様子.
設計を工夫したのですが,これが最小サイズです.

30
外壁を設置して完成.
植林場の手前はホテルを建設中で,植林場の真下を通る道を使ってアクセスするようにしました.
こちらはいずれ...


33

並べたチェストに接続するように自動アイテム分別機を設置します.
ただ単に分別するだけならばここまで高さは要らないのですが,余剰の苗と原木を精錬所へ流す配管を設置する為,これが(恐らく)最小のサイズになっています.

44
分別機はオーソドックスな機構.まず,上からアイテムが流れて分別機で分別されます.
分別されたアイテムはそれぞれのチェスト直増の配管に手前側から接続されます.
このとき,横に接続していても下側のストレージに優先してアイテムが流れるホッパーの性質を利用して,まずはチェストへ,余剰分は分別機下の配管へ流れるようにしています.
確か,上側が原木,下側が苗です.

05
精錬所から見るとホッパーの壁状態.

05
カイロの事務所兼自宅の隣,港脇の土地は一等地であるにも関らず空き地にしてあります.
実は左奥の土の目印がある場所の地下にスケルトンスポーンが眠っており,この時期に追加された骨ブロックを使うべくトラップをここに建設する予定です.

41
そして例のごとくSSを撮っていなかったため後日まとめて詳細をご紹介しますが,スケルトントラップが完成しました.建屋の中にはアイテム分別機が詰め込んであり,矢と骨を分けています.

32
上空からはこんな感じ.
当初はこの画像のように水路からのみ入れる様にしましたが,面倒だったので結局桟橋を道まで伸ばしました.

10
それ以外に後日紹介を行う予定の物として,画像左の採掘場があります.
ここも水路・陸路両方で辿り着けるようになっていますが,自宅からだと専ら水路を使っています.
因みにレンガ屋根の建物は丸石製造機・採掘場の両方から出る丸石を貯蔵する丸石倉庫です.

22
採掘場への入り口は徒歩・トロッコ双方が使えます.
パワードレールが設置されているのが上り,何も無いのが下りです.
この線路は貨物も走る事になっており,地下で詰めた貨物は上の建物で回収され,そこから丸石が分別されます.
また,ホッパーのパイプラインが見えていますが,左からのラインが丸石製造機から,手前からのラインが採掘場からのラインになっています.
丸石倉庫地下で合流し,ポンプアップしてからチェストに流しています.


57
カイロにもようやくインフラが整ってきたので,自宅兼事務所として家を作りたいと思います.
場所は港北西側の一角.今回は水の都を目指すと言う事で,水路からも直接家に上がれるようにしたいと思います.

04
家側から水路へ出るときはこの橋をくぐります.

32
現段階で建物の形を概ね決めておきます.
テラコッタで枠を作っている部分に2Fの壁が来るイメージ.
水路の一部は完全に建物内に取り込みます.
テラコッタ貿易で生計を立てている商人の家なので,イメージとしては,陸側入り口が事務所側,水路側入り口が倉庫直結という感じでしょうか.
生活スペースは2Fを考えています.

ただ,例によってSSを撮り忘れているので,町全体の建設過程を紹介したら総集編で紹介したいと思います.

31
おまけ.
近くの砂漠で骨馬を見つけました.とりあえず確保.


22
マイクラの世界で石の次に大事な戦略物資と言えば鉄ですね.
既に鉄が生産されていて道も通じている六角港から持ってきても良いのですが,いかんせん近くにいないと鉄の生産がされないため備蓄が底をつくのが目に見えています.
そこで,奥に見えている丸石製造機のとなりに鉄プラントを建設しました.
これで私が作った3機+仲間が作った1基の合計4機がこのワールドで稼動していることになります.

14
さて,戦略物資が整ったところで早速カイロの中核となる港の建設に着手したいと思います.
建設場所は島中央に設置された鉄プラントのすぐ傍,島が細くなっている一角です.
この細くなっているところに水路を通し,,,
23
埠頭を建設しながら水路を拡張していきます.
お分かりの方もいると思いますが,先ほど貫通させた水路に交わるように少し狭い水路が延びています.
実は,この街の建設前後でベルギーのBrugesに出張に行っていたので,これに影響されて水路が張り巡らされた水の都の建設を目指していたりします.



↑このページのトップヘ