仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

Youtubeチャンネルを開設しました.こちらもよろしくお願いいたします.
チャンネルURL
https://www.youtube.com/channel/UCmJjKhqA1Af_GXAQW4b5pLg/

タグ:港町

2019-04-08_00.59.39
前回完成させた厩舎の前の土地ですが,今のところ湧きつぶしだけして放置されています.
しかも高台の土地を確保するために整地した崖がむき出し状態.
この辺り,色々どうしようか考えましたが,この土地は広場にしたいと思います.
低い土地に広場を作るのって自然発生的で良いですよね.ローマのフォロ・ロマーノもそういう成り立ちですし.

2019-04-08_00.59.41
広場は建物で囲まれてこそ広場という事で,建物と広場の境界線を砂岩で引いていきます.

2019-04-08_01.07.43
広場へと通じる小道も整備.

2019-04-08_01.10.17
とりあえずマーカーと幾つかの道を整備しました.
左右には小ぶりな建物を,正面には新市庁舎として大きな建物を作る予定です.

2019-04-08_01.16.14
そして広場といえば噴水ということで,噴水も作っておきます.
こちらは土台.

2019-04-08_01.18.48
少し上空から眺めるとこんな感じ.
割と小ぶりな広場ですが,この街の住人が集まるなら十分な広さかなと思います.


2019-04-08_01.20.42
さらに上空から見るとこんな感じ.街の外からの幹線道路からはどちらも1本入ると広場にたどり着けます.

2019-04-08_22.35.20
噴水の方も水を入れておきます.

2019-04-08_22.40.20
更に厩舎の前の道から丘に上がる階段を整備.

2019-04-08_22.44.41
他にも微調整し,ひとまず次回から広場周りの建築に着手したいと思います.

2019-02-05_23.56.17
前回に引き続き領事館を作っていきたいと思います.

2019-02-06_00.04.36
左側だけしか作っていなかった正面側壁を右側も建設.
大きな窓枠を作り,,,

2019-02-06_00.05.21
窓を設置していきます.
内側から見ると結構高い位置に窓が来る感じです.
因みに気の早い領事館職員が勤務を開始しているようです.

2019-02-06_23.40.44
今回はまず屋根の枠から作り,建物の外枠を定めてしまうことにしました.

2019-02-06_23.40.58
中央ホールの部分は先に屋根まで張っておきます.

2019-02-06_23.48.41
中央を基準に両翼の屋根の枠も設置.

2019-02-06_23.55.41
そのついでに中央部分は採光のため,天井を一部ガラスに差し替えました.

2019-02-07_00.04.45
外枠の次は1階と2階部分を区切るために先に2階の床を張ってしまうことにしました.
今いる場所が領事館入り口で,正面の階段手前が中央ホールになります.
階段はヨーロッパの建築を参考に中央から両翼へ上がる形式としました.


2018-04-02_23.29.00

北東側城壁ですが、ひとまず塔だけ建てておきました。向こうの方に農場島が見えていますが、こちらは海にせり出す感じ。

2018-04-02_23.30.03

塔の型式が決まってきたので、ついでに終端があやふやだった南西側にも塔を作ります。

2018-04-02_23.41.23

さらにそこから胸間城壁を建設。

2018-04-02_23.49.05

これで概ね完了。後は北東側城壁のみ。

42
マンションのゲートですが,前回のままでは味気ないので,ゲートの中もアーチ形にしていきます.
下からアーチを付けて,上側を砂岩で埋めていきます.


36
完成するとこんな感じ.
アーチの途中にはマンションの部屋への入り口を付けておきました.
ヨーロッパのマンションって,中庭に入ってから入り口があるタイプと,中庭に行く途中に入り口のあるタイプがありますがこちらは前者.

33
このマンションには入り口が二つありますが,もう片方のゲートも同じように作っておきます.

40
中庭になるエリアの一番奥から二つのゲートを眺めます.
右側のほうはまだ部屋への入り口を付けていませんが,まだこの段階では部屋割りなどの設計が固まっていないのでおいおい考えたいと思います.

58
蜘蛛スポーンへと続く鉄道を更に敷設して行きます.
下りは動力が不要なので金の消費が無く,お財布には優しいですね.

09
そんなこんなで経験値トラップ建設予定地に到着.
奥側には帰り用の線路敷設予定地を確保.
59
帰りは上りになるので高コストですがパワードレールを敷設.
建設には地上と地下を往復する事になるので,このまま地上まで線路を引っ張って行く予定です.


↑このページのトップヘ