仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

タグ:城壁

2018-09-16_01.40.40
この要塞は城壁と一体化した複数の塔が建つ,西洋の城塞をイメージして建設しています.
まだ城壁が建っていないところが殆どなのですこしずつ城壁を作って行きます.

2018-09-16_01.42.17
上空から見た現状はこんな感じ.
街道に面した一角以外は城壁がありません.

2018-09-16_01.47.54
城門を正面から見るとそれなりに出来てきている様には見えます.

2018-09-18_01.23.42
この城壁,上側は丸石で1m分の通路を確保.
そこから石レンガで一段高くします.

2018-09-18_01.24.31
階段で胸間城壁を建築しました.
これをこの城壁の基本デザインにしたいと思います.

2018-09-11_01.19.41
距離の割には時間がかかった西部横断街道も目的地に到達しましたので,早速この地点に拠点となる要塞を建設したいと思います.

2018-09-11_01.23.27
この場所は少し整地するだけで上のSSの様にチョークポイントのある半島になります.
安全確保の観点からこの半島全体を要塞化して行きます.

2018-09-11_01.23.56
半島の海側,上の画像では右上の方にも小さな島があり,こちらも要塞化するかどうかは思案中です.

2018-09-16_00.00.06
長期の作業になりそうなので一応食料の自給体制も確保.

2018-09-16_00.00.51
最初は種で増やして,後は卵から孵そうと思います.

2018-09-16_00.02.52
早速増産.

2018-09-16_00.06.52
この時点ではどの様な要塞にするか全くの未定ですが,ある程度実用性のあるものにして行きたいと思っています.


2018-04-09_01.14.28
建設中の港ー水道接続工事ですが,城壁に沿って水路を建設する事にしました.


2018-04-09_01.19.02
こちらは城壁の隅あたりからの撮影.
水路の外枠を掘って行っています.まずはガイドラインから.
ついでに整地や木々の伐採など,これまでやろうと思って出来ていなかった工事も併せて実行.


2018-04-09_01.20.21
正面~右側に見える城壁に沿って水路を建設しています.
右の方に薄く建設中の外枠が見えるでしょうか.

2018-04-09_01.20.29
水路は正面の城壁内の湖に接続し,そのまま軍艦島方面への天然の水道に繋がります.

2018-04-09_01.20.43
上空からのSS.塔の脇から城壁沿いに水路の外枠が見えています.

2018-04-09_01.03.47
結構長い時間がかかりましたが,ひまわり港街を囲む城壁が完成しました.
また,北側には城壁の切れ目から軍艦島方面へと続く運河へ直接アクセスできるようになりました.
ただ,現状ではひまわり港街の港に停泊している船は大回りしないと軍艦島方面に行く事が出来ません.
そこで,SSの城壁に沿って水路を作り,安全に港と北側の水路を結ぶ事にしました.

2018-04-09_01.03.50
と,その前にまだ未完成だった整地を終わらせてしまいます.

2018-04-09_01.03.59
上手く利用できるか悩んだのですが,結局この池は埋めてしまいました.

2018-04-09_01.06.08
木もガンガン伐採して行きます.
この街は屋根にオーク材をオーク(多く)使うのでストックが出来て丁度良いです.

2018-04-09_01.14.09
次に運河の岸壁の位置を決めます.
今掘っている岸壁予定地と城壁の間が水路になる予定.幅は5mとしました.

2018-04-09_01.14.25
港側の出入り口だけ作っておいて,建設中はひとまず手前でせき止めます.


2018-04-05_01.44.09
2018-04-05_01.44.52
建設中の北東側城壁ですが,前回までに北側の城壁の建設が完了しました.
引き続き,最後に残っている東側の城壁を建設して行きます.

2018-04-06_00.48.43
既に建設している塔から,これまた既に建設している基礎に沿って城壁の芯壁を延ばして行きます.

2018-04-06_01.04.27
芯壁の周りを石レンガと(見えていませんが)砂岩で覆い,上部は丸石のハーフブロックで通路を作ります.


2018-04-06_01.11.30
2018-04-06_01.11.51
微調整して完成.
これでひまわり港街の城壁が全て完成しました.
え?どうやって城壁の上に上がるのかって?それはプランを考えているのですが,後日その建設の時にご紹介したいと思います.

↑このページのトップヘ