仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

タグ:プラント

私が建設する街では,道路や建物内など様々な場所の照明にランタンを使っていますが,ご存知のようにかぼちゃを消費する事になります.
これまでカイロでのかぼちゃ需要は六角港街からの輸送と小さな畑での手作業収穫によって賄っていました.
ところが街の開発が進むにつれて供給が追いつかなくなってきました.
そこで,今回はかぼちゃプラントを建設する事にします.

22
プラントと言っても作りは非常にシンプルです.
プラントの心臓部は左下.かぼちゃが育つとレッドストーントーチからの信号を回路に伝達します.
伝達された信号は左下のピストンを動かし,かぼちゃをアイテム化,これによりかぼちゃ制御のパルサー回路となります.
このパルス信号は同時に奥のピストンへも伝わり,パルサーも入れて7気筒のかぼちゃプラントになります.

39
ホッパーで回収したアイテムは左側のチェストに運ばれて貯蔵.

07
装飾をかぼちゃカラーに整えて完成.
将来的にはこの奥側にスイカプラントも併設する予定です.

六角港ターミナルが一段楽したので久々に小ネタを紹介したいと思います.

海底神殿攻略後の跡地に仲間が作っている魚のすり身工場.
一体どれだけの鉄を使ったのか...
これのおかげでシーランタンが無尽蔵に使えるようになりました.コアはまだ3割程度しか作っていないようですが,今の消費量からみると十分すぎる量です.
04

軍艦島と名付けたエリアに仲間が鉄筋のマンションを建設中.
59

3LDKの結構豪華なマンションです.
キッチンがものすごく広い(笑)
因みにお風呂は金無垢の浴槽です.
25

これは和室.後に和風の街開発に応用するのですが,尋常でなく小麦を必要とする床です.
20

奥でナンバリングされているのは金プラント,左の建設中の物は焼却炉です.
06

現在六角港街にはターミナルを建設していますが将来的にこのターミナルには運送会社を開業する予定です.
仕事の発注は注文書を通して行う事になる予定ですが,注文書を作成するには本と羽ペンが必要になります.

現在,六角港街には羽と本の供給体制は整っていますが,イカ墨は原始的な狩に頼るしかありませんでした.
文明の民としてはこの状況を看過できないので,イカ墨プラントを作る事にします.

本来はもっと大規模に作る必要がありますが,街の中に収めるために小規模な物に留めました
川の交通もありますし,そんなに量を消費しないですからね.
まず,川の一角に囲いをして,下にイカが落ちるように看板で層を作りました.

23

例のごとく砂岩でアーチを作ります.
47

中にはいると以下の捕獲具合が分かるようになっています.
下層で回収したイカ墨はポンプで上のチェストまで輸送しています.
00

しかしあまりにも収率が悪かったので,引き込み部を拡張しました.
これで多少はイカ墨を生産できるようになりました.
15

久々に六角港街に戻ってきました.
帰還直後に食料調達のために牛プラントへ.
こうやって眺めてみると,六角港街は結構建物で埋まってきたような気がします.
将来的には各地の産物を集めて,皆が行き交う街になればと思います.

と考えると,市長の責任として食糧供給を安定させる必要がありますが,市長不在の時は食糧生産が途切れることが発覚しました.そこで,仲間の開発したインフィニティ・チキンリアクター(ICR)を導入する決断をしました.

57

早速仲間の所へ駆け込み,仕様と使用可能面積を伝えて土地を用意しました.
場所はサトウキビプラントの裏.なにやら地面を掘り下げています.
00

その後回路を組み上げているようです.
37

ちょっと1時間ほど目を離した隙に六角港市に突如異様な鶏のオブジェが現れました.
このプラントの出力は200羽ット(ワット)という事です.
53

オブジェの中は入れるようになっており,小さいながら拠点機能が整備されています.
42

今回,ICRを導入したことにより食料不足は一気に解決しました.
1時間ほどで1LC分の焼鳥が貯まります.
因みに,ICRの価格はダイヤブロック1個分.運転開始を確認し,検収後に支払いました.

↑このページのトップヘ