仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

タグ:トラップ

34
苦労の末,スポーン部屋が完成.
前回溝を作っていた箇所にも水を流して蜘蛛の輸送路を作っておきます.

20
水に流された蜘蛛は一定距離離れた場所で上に上がってきます.

15
この蜘蛛を更に横に少しだけスライドさせてストック.
26
ストック場所からの眺め.
蜘蛛が左から右に移動して行きます.46
たまった蜘蛛は処理位置からの攻撃で倒し,経験値を獲得.
ついでに蜘蛛の目なども取れるので醸造用アイテムも取れて一石二鳥.

58
引き続き蜘蛛経験値トラップを整備して行きます.
まず,これまで手動で往路→復路へのトロッコ移設を行っていましたが,地上と同様の設備を地下にも設置.ただし,こちらは動線や路線空間の確保が必要ないので壁の裏にホッパーなどを設置する事にしました.上のSSではむき出しになっていますが,後で壁を作って見えないようにしておきます.

26
蜘蛛スポーンを中心に約8x8の空間を作って行きます.
この空間がスポーン部屋.

23
そのスポーン部屋の端に水路用の溝を作りました.
この溝に水を流して蜘蛛を輸送する予定です.

52
この作業中に1.12へのアップデートがかかり,レシピの登録などが出来るようになりました.


42
これまで作ってきた経験値トラップへのアクセス路線ですが,上のSSのように二重螺旋になっており,行きと帰りを別線路にして複数人で使っても線路がつまらないようにしています.

37
見つけていたスポーンに到着.
このワールドでスポーンを使ったトラップは恐らく3台目.


45
周りを掘りながらスポーンエリアを整備して行きます.
石むき出しだと無機質すぎるので,壁面・床は砂岩ブロックに置き換えて柔らかい雰囲気にしましょう.苔の生えた丸石も今でこそ自力生産できますが,昔は貴重な物資でしたよね.

50
スポーンエリアに隣接して待機場所の整備も進めて行きます.


59
本格的な経験値トラップ工事の前に往復の鉄道を発着所を整備して行きます.
今回は出発と帰着地点を分けようと考えています.まず,上に見えているのは出発地点.
右側のボタンを押してトロッコを設置し,左側のボタンで出発します.

52
これだけではストックされているトロッコが無くなったら出発できなくなるので,
帰着地点から出発地点にトロッコを戻す機構を取り入れます.
帰着地点は左上.ここからホッパーでトロッコを戻します.

51
サボテンでトロッコをアイテム化し,ホッパーで取り込んでドロッパーを使ったポンプに流します.
因みに,いつか特集したいと思っていますが,このポンプは自分ではオリジナルと思っている方式のポンプです.(誰か先に開発してる人もいそうですが...)
すこしコストは高いですが,アイテムを残すことなく綺麗に上に輸送する事が出来ます.

18
これを先ほどのホッパーに接続して完成.
まだ建設途上ですが,出発・帰着は一方通行にしてみました.

05
カイロの事務所兼自宅の隣,港脇の土地は一等地であるにも関らず空き地にしてあります.
実は左奥の土の目印がある場所の地下にスケルトンスポーンが眠っており,この時期に追加された骨ブロックを使うべくトラップをここに建設する予定です.

41
そして例のごとくSSを撮っていなかったため後日まとめて詳細をご紹介しますが,スケルトントラップが完成しました.建屋の中にはアイテム分別機が詰め込んであり,矢と骨を分けています.

32
上空からはこんな感じ.
当初はこの画像のように水路からのみ入れる様にしましたが,面倒だったので結局桟橋を道まで伸ばしました.

10
それ以外に後日紹介を行う予定の物として,画像左の採掘場があります.
ここも水路・陸路両方で辿り着けるようになっていますが,自宅からだと専ら水路を使っています.
因みにレンガ屋根の建物は丸石製造機・採掘場の両方から出る丸石を貯蔵する丸石倉庫です.

22
採掘場への入り口は徒歩・トロッコ双方が使えます.
パワードレールが設置されているのが上り,何も無いのが下りです.
この線路は貨物も走る事になっており,地下で詰めた貨物は上の建物で回収され,そこから丸石が分別されます.
また,ホッパーのパイプラインが見えていますが,左からのラインが丸石製造機から,手前からのラインが採掘場からのラインになっています.
丸石倉庫地下で合流し,ポンプアップしてからチェストに流しています.


↑このページのトップヘ