仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

カテゴリ:町開発 > 六角港市

59
本格的な経験値トラップ工事の前に往復の鉄道を発着所を整備して行きます.
今回は出発と帰着地点を分けようと考えています.まず,上に見えているのは出発地点.
右側のボタンを押してトロッコを設置し,左側のボタンで出発します.

52
これだけではストックされているトロッコが無くなったら出発できなくなるので,
帰着地点から出発地点にトロッコを戻す機構を取り入れます.
帰着地点は左上.ここからホッパーでトロッコを戻します.

51
サボテンでトロッコをアイテム化し,ホッパーで取り込んでドロッパーを使ったポンプに流します.
因みに,いつか特集したいと思っていますが,このポンプは自分ではオリジナルと思っている方式のポンプです.(誰か先に開発してる人もいそうですが...)
すこしコストは高いですが,アイテムを残すことなく綺麗に上に輸送する事が出来ます.

18
これを先ほどのホッパーに接続して完成.
まだ建設途上ですが,出発・帰着は一方通行にしてみました.

58
蜘蛛スポーンへと続く鉄道を更に敷設して行きます.
下りは動力が不要なので金の消費が無く,お財布には優しいですね.

09
そんなこんなで経験値トラップ建設予定地に到着.
奥側には帰り用の線路敷設予定地を確保.
59
帰りは上りになるので高コストですがパワードレールを敷設.
建設には地上と地下を往復する事になるので,このまま地上まで線路を引っ張って行く予定です.


05
平和島での第二期工事を終えて久々に六角港に帰還.
長期遠征からの帰国を港が迎えてくれます.
これまで六角港にはエンチャント室はありましたが,経験値は各自が各所で稼いでくるものでした.
しかし,これでは大量のエンチャント本を生産する本屋の開業がおぼつきません.
そこで,これまでに発見している蜘蛛スポーンブロックを利用して経験値トラップを作る事にしました.

50
場所は六角港街の東側城門近く.
まずは建設予定地の埋め立てからスタート.
また,平行して地下への鉄道路線建設も行っています.

56
地下への入り口はこんな感じ.
基本的に,地下深くの蜘蛛スポーンへは鉄道でアクセスする事にします.
この鉄道建設も地味に大変でした...


前回紹介したTNTキャノンは,港に入港する航路に向かって照準を合わせてあります.
その港側から見ると黒曜石部分が砲身,上の大きな窓が制御室になっています.
砲身の右側には第一・第二射室,砲身の上には港のシンボルである錨マークが付いています.

23

また,最上階には見晴台がついており,ここにも常に(誰もさぼらなければ)人が詰めていることでしょう.
37

ただし,見晴台からの眺めは屋根のせいでTNT制御室よりも見劣りします...
47

これまであまり紹介していなかったターミナル全景です.
1F:が受付カウンターとラウンジ
2F:会議室と貿易用倉庫
3F:市長室と射室
4F以降:射室とTNTキャノン

という構成です.
05

当初TNTキャノンは付けるつもりが無かった+予定より躯体が大きくなった関係上,
すこし歪な感じがしますが,今回は良しとしましょう.
かなり長く続いていた六角港ターミナルですが,今回で完結です.

前回までに防衛用の射室などを紹介しましたが,今回は要塞主砲であるTNTキャノンを紹介していきます.
TNTキャノンの制御室は市長室があるフロアに設置されたはしごから登っていきます.
因みにTNTキャノン本体はこの黒曜石の奥.単純に砲身のみという訳ではないので相当躯体が大きくなっています.

40

ここははしごの登り始め.1フロア上が第二射室,その更に上がTNTキャノン制御室になっています.
03

はしごを登りきるとTNTキャノン制御室の看板.ここは危険物も扱う部屋となっているため,市長に許可された人間しか入室を許されません.
14

この赤いブロックに付いているボタンが発射スイッチになっています.
発射用には4つのTNTを用いており,スイッチによってディスペンサーから砲身の後ろ側に設置されます.
但し,全部のディスペンサーからTNTが出ないと意図しない場所で弾頭が爆発するため注意書きを書いています.
32

更には全ディスペンサーにTNTが装荷されていないと弾頭を発射出来ないようにAND回路を組み合わせてインターロックを掛けています.もしどれかが空になっているとTNTキャノンは動作しません.
砲身自体は小さいのですが,このインターロック回路を付けるために躯体が大きくなってしまいました.
でも安全には変えられない...
13

↑このページのトップヘ