仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

カテゴリ: 町開発

05
平和島での第二期工事を終えて久々に六角港に帰還.
長期遠征からの帰国を港が迎えてくれます.
これまで六角港にはエンチャント室はありましたが,経験値は各自が各所で稼いでくるものでした.
しかし,これでは大量のエンチャント本を生産する本屋の開業がおぼつきません.
そこで,これまでに発見している蜘蛛スポーンブロックを利用して経験値トラップを作る事にしました.

50
場所は六角港街の東側城門近く.
まずは建設予定地の埋め立てからスタート.
また,平行して地下への鉄道路線建設も行っています.

56
地下への入り口はこんな感じ.
基本的に,地下深くの蜘蛛スポーンへは鉄道でアクセスする事にします.
この鉄道建設も地味に大変でした...


18
前回入り口まで辿り着いた羊毛会社の支店長室に入ってみます.

22
ここは執務室.
畳の床に机と本棚,座布団が置かれています.
手前の座布団は相談事をするときに使われるもので,決して説教されるためのものではありません.

28
執務机と反対側には階段と部屋.
左奥は仮眠室になっており,平和島建設のために昼夜を問わず働いている支店長の苦労が偲ばれます.
右側の階段は会議室につながっています.

32
階段を上ると屋根裏に会議室.
じつはこの部屋は2階の倉庫の上に設置されています.
本社から重役が来た際や,取引先との打ち合わせはもっぱらここで開かれます.



05
1階のカウンター脇の階段を上って2階に移動します.
2階に上がるとまず廊下に.右側には部屋が二つ並んでいます.
左側は目抜き通りを見下ろす窓になっており,社員の憩いの場になっている模様.

10
手前,階段側の部屋は羊毛・羊毛製品の貯蔵庫として用意されています.
ただ,開業したばかりで在庫が無く,現在は社員の休憩室として使われているようです.
奥に見える窓も平和島和風様式のアカシアのドアで作られています.


18
その奥の部屋は羊毛生産業者の支店長室が設置されています.
この部屋の紹介は次回にでも.



42
以前建てた商館のうち,先日紹介したものと道を挟んで反対側に設置した羊毛取引所を紹介して行きたいと思います.入り口には看板とこの取引所の社旗.この社旗は港町の青,羊毛の白,牧草の緑に,それを育てる太陽をモチーフにしています.
また,羊毛供給のためにカイロに本店がある羊毛会社の支店事務所が入っています.実はこの取引所は羊毛会社の子会社なので,支店長の方が取引所の社長よりも偉かったりします.

46
1Fは各種羊毛を販売する販売所になっています.
開店したばかりでまだ1色しかありません.カイロからの輸送も今はテラコッタが中心となっているため当面届かなさそうです.

54
ここはバックヤードの入り口.

58
手前のトラップドアは代金であるエメラルドの保管庫,チェストとホッパーが二段階で接続されているのは商品のストック棚です.
色が追加されるに従って,この機構もほかのチェストに設置される予定です.


BlogPaint
以前平和島に商館を二つ作ったのを覚えている方も居るかもしれません.
まだまだ町は小さいですが,オープンした商館を紹介したいと思います.
今回はテラコッタ販売所.
ご存知のとおり,テラコッタは比較的希少な物資で,大量に手に入れようとするとメサバイオームを探し当てるしか安定供給できません.
しかし建築材料としては需要が高いので,仲間たちが将来的に交易を営むこの平和島にカイロから輸送したテラコッタの販売所を作りました.

24
1枚目の画像にも見えているカウンターの奥にはテラコッタの収められたチェストがあり,取った分だけ代金を入れるシステムにしました.
自販機回路を作っても良かったのですが,スペースが足りないのであきらめました.

31
二階は倉庫になっています.
まだガラガラですが,町が賑わってきたら物資を大量輸送しようと思います.


↑このページのトップヘ