仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

カテゴリ: 町開発

2018-04-02_22.55.44
ひまわり港街の道ですが,ひとまず封印の祠の所までは伸ばしてあります.
一方でここに至るまでの区画整理・整地が完全には終わっていません.
そこで遣り残し作業を片付ける事にします.


2018-04-02_23.02.17
区画整理として,丘の上から湖方面に道を伸ばします.
この道の左右を見ると分かりますが,まだまだ整地途中.

2018-04-02_23.06.54
土は大量に余っているのでどんどん埋めて行きます.
豚さんは順次退避.
2018-04-02_23.10.55
かなり広い区画が出来ました.
ここ,何を立てるかノーアイデアなのですが何か良い案無いでしょうか.
今年はひまわり港街の大区画に何か建てる事を目標にしたいと思います.

2018-04-02_23.13.05
整地した側から丘の上を見ると,結構広さが分かります.
ざっと40mくらいでしょうか.

2018-04-02_23.13.23
これで城門方面のメイン街路は完成.
あとは建物などに合わせて適宜路地を作ろうと思います.
やはり街の中央部に公的機関,城壁近くなどは下町という感じでしょうか.

2018-04-02_22.46.39
地下世界へ続く大穴を封印する祠も後は屋根を残すのみ.
ガシガシ作って行きます.

2018-04-02_22.50.34
ひまわり港街標準の砂岩+オーク材の屋根にしました.
建物自体はかなり小ぶりです.入り口部分,扉の上は階段を使っています.

2018-04-02_22.53.56
窓やら扉やら道やらを作って微調整.
将来的にランタンが出来たら照明もきちんと確定させるつもりですが,祠の周囲は緑地にしておこうと思います.ちょっとムーディーなライトを考えています.が,バージョンアップまち.

2018-04-02_22.54.02
最終的に祠はこのように封印されました.
ときおりゾンビが上がってきます.

2018-04-02_22.42.02
ひとまず扉部分を残して封印した地下へと続く縦穴ですが,周りの土台を石レンガできっちり固めてしまいます.

2018-04-02_22.45.03
その土台の上に砂岩と花崗岩で祠を作って行きます.
水辺からみたときに水の上に浮いている感じを出したいのですが,結構難しいです.
因みにこの段階でトラップドアを設置して穴を封印しています.(作業中に事故があったので...)

2018-04-02_22.45.10
こちらは水辺から.
窓枠には階段を使って窓っぽくしています.

2018-04-02_22.22.55
ひまわり港街には日中でも時折モンスターが出没します.
住人の間では地下深くから沸き出てくるとまことしやかに噂されていたのですが,このほど,城壁内に地下へと通じる穴が発見されました.


2018-04-02_22.23.00
早速調査隊を組んで洞窟の調査に向かいます.
既に先発隊の配置した松明で底が見えるようになっています.

2018-04-02_22.23.07
少し中に足を踏み入れると,真っ暗な洞窟.
ここで発生したモンスターが先ほどの地上から洞窟内に流れ込む滝を通じて地上に沸いて出ていたようです.

2018-04-02_22.23.09
今まさに匠が上って行ったところの様です.

2018-04-02_22.23.21
入り口付近は今後何かに使えそうな感じ.

2018-04-02_22.41.57
とりあえず,入り口は確保しておいて,活用する日が来るまでひとまず扉も付けて封印しちゃおうと思います.
あとは祠でも建てて,張り紙でもすれば完璧ですね.

2018-03-15_01.40.36
前回に引き続き整地+街路建設を進めて行きます.
今立っているところと,前の方に見える街路は高さが違うのですが,すべての街路を低い方のレベルに合わせると後で整地が大変なので,ある程度もとの地形に沿って段差を付ける事にしました.

2018-03-15_01.43.15
既に街路を作っているところは,埋めたり削ったりして土地を整地して行きます.
今の所,何を作るかなどはまったくの未定なのですが,今年は何か作りたいと思っています.

2018-03-15_01.48.46
真ん中辺りに石レンガで壁を作っているのが見えますが,これを境にして土地の高さを上げたいと思います.石レンガの壁から右側は右端に見えている街路のレベルに合わせます.

2018-03-15_01.49.05
こちらが現在の街路全景.
街の北側の沼付近まで道の整備が進みました.
また,左上の方に残りの塔+城壁の建設準備の痕跡が見えています.

↑このページのトップヘ