仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

カテゴリ:町開発 > ひまわり港街

17
今回の開拓にあたり,最初の手持ち以外の食料は外部から持ち込まないという方針で進める事にしました.持ち込んだ焼き鳥が少なくなってきたので久々に畑を開墾.
可愛いサイズですが,一人分の食料であればこれくらいでも十分です.

44
港の方は,概ね屋根を張り終わったので床を現在の岩むき出しではなく,きちんとした物に張り替えようと思います.
と,その前に閃緑岩や花崗岩などが見えていたので早速採掘.

04
採掘の拠点は港の通路に設置された仮拠点.

19
鉱脈が次々と現れてくるので掘り終わるのにかなり時間がかかりました.
巨大鉱脈オイシイデス.

40
採掘の成果を活用して早速床張り.
紅白のチェックにしてみました.

26
さて,これまでひまわり港街は港が建設中ですが,港に辿り着くまでの道しるべは無く,航海者が地形を見ながら航海する必要がありました.
それでは大変なので,今回も海路を設置します.ルートは平和島~ひまわり港街.
六角港~平和島が白色の砂岩なので,区別する為にオレンジ色の砂岩を使っています.

30
途中,仲間が過去に設置した軍艦島への海路と交差.

45
その後は分かれて単独ルートに.直線区間は比較的まばらにブイを置いています.

28
平和島の近くで平和島~六角港ルートと合流.
色分けしているので,簡単に目的地を選ぶことが出来ます.

10
平和島発祥の家が見えたところでルート終了です.

49
港の屋根のデザインも決まったので順次屋根を建築して行きます.
柱のところに白のラインを,その間を木材で屋根を張って行きます.

50
柱の上側も砂岩だとのっぺりしてしまうので,アクセントにオレンジ色の砂岩ブロックを使いました.
奥はまだ屋根を作っていませんが,かなり良い感じでは無いでしょうか.

12
今後の建築のために,はるばるカイロからテラコッタを大量に輸送しました.
これはカイロを出発直後,六角港に向かっているところです.
一度六角港で荷物を降ろし,船に積み替えて輸送しました.ひまわり港から往復するとリアル時間で30分くらいかかる...

49
上のSSは前回までに基本構造を概ね作り終えたひまわり港街の港の遠景です.
海岸線の丘に一部食い込むようにしてあります.



04
次に,建物の印象に大きな影響を与える屋根のデザインを検討しました.
以前作った六角港街は基本が石造りの町でしたが,このひまわり港街はもう少し素朴に,木材も取り入れながら町の建設をしたいと思っています.
そこで,上のSSのようにクリーム色の砂岩とオークの木材で屋根を張る事にしました.



36
柱の間隔で砂岩の線が入り,その間を木材で埋めて1ブロックとし,これを全体に拡張します.

45
海上からの遠景.
おぼろげですが,形が見えてきました.

45
概ね桟橋が完成したので,細かい工事と平行して港本体の基本構造を作って行きます.
イメージとしては桟橋に沿って屋根のある回廊が続いているイメージ.
その回廊部分に当たる部分の多くは丘の部分なので,早速掘削して行きます.

40
掘削を終え,次は柱と柱をアーチでつなぎ,回廊間を演出.
カーブの部分の表現は結構苦労しました.

23
アーチは外から見える海側だけにして,ひとまず完成.

↑このページのトップヘ