仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

カテゴリ: 振り返り

2017年振り返りその1
2017年振り返りその2
2017年振り返りその3
2017年振り返りその4
2017年振り返りその5
2017年振り返りその6


に引き続いて,最後の2017年の振り返りをして行きます.

33
平和島では,カイロから輸送したテラコッタを販売するテラコッタ販売所,カイロでの和風建築建設には欠かせない羊毛の取引所を整備しました.

22
28
32
羊毛取引所の2Fに設置した支店長室・会議室などは個人的には気に入っています.

46
01
さらに,平和島には自宅が無かったので池のある屋敷を作ってみました.
間取りは新潟にある古民家を参考にしましたが,中々難しいですね.


33
その後,丘の上まで道を引いたりと平和島の開発に取り組みましたが,今のところ大規模な開発は今年に持ち越しになります.

次回以降,通常の更新に戻りたいと思います.
お付き合い有難うございました.

2017年振り返りその1
2017年振り返りその2
2017年振り返りその3
2017年振り返りその4

に引き続き,更に昨年度を振り返ります.

テラコッタ街道
昨年の大きなプロジェクトのひとつが,メサバイオームで採掘したテラコッタ輸送のための街道整備です.着工は粘土採取場からで,街道建設の基地となる拠点を間に二つ作りながら目的地までの約3kmに亘って街道を建設する大規模PJでした.

29

09

最初の拠点はテラコッタ街道1号要塞で,深い森の出口に建設され,円形の城壁の中に馬小屋,拠点設備が整備されています.ロバで丸石をここまで輸送し,ここを拠点に街道建設を進める...というのが基本的な建設スタイルでした.

02
11
更にその後,草原と雪原,松の森を通り抜けてテラコッタ街道2号要塞を建設します.
ここは目的地のある半島の入り口に位置しており,ここの周辺を抜けない限り目的地まで辿り着けない交通の要衝であることから,街道防衛も考えた作りにしました.

2017年振り返りその1
2017年振り返りその2
2017年振り返りその3

に引き続いて昨年の振り返りを続けて行きたいと思います.

平和島建設地点

37
仲間たちとの交易中継点として,和風の街・平和島を建設することとなり,その建設に着手しました
建設地点は六角港から船で半日(マイクラ時間で)の距離にある半島で,将来的に地峡を開削して島にすることにしています.

43
この時点で都市計画が固まっているわけではなかったので,ひとまず開拓拠点として港を整備するだけに留めておきました.


48
その後,一度マサラタウンに久々の帰還をして,音楽の流れるバーの建設を行いました.
このバーではファイナル○ァンタジーのテーマ曲が流れる事で有名で,多くのファンが集うと言われているようです.


昨年の振り返りその3です.

48
マサラタウンから新天地を目指して街道を建設しました.
この街道の建設では石を5万個以上消費し,その採掘だけでも2ヶ月以上を費やした記憶があります...

35
その後,この街を六角港と命名し,終着駅の建設から新都市の建設に着手
城壁の建設で市域を定め,様々な都市機能の充実を図りました.


27
六角港に一通り都市機能を整備した後,砂漠の城を建設.
この城の地下にTTを建設するなど,実用面の昨日も整備し,将来の砂漠地方の開拓拠点としました.
未だにこのあたりは城しか建設していないので,今年は少しくらい手を出そうかと思います...

05
砂漠の城が完成するころ,六角港と仲間たちとの貿易港を開くという話が持ち上がったため,六角港にも本格的な港湾設備を整備しました.
この港から各方面への航路も整備し,現在も重要な拠点として利用されています.



34
33
前回に引き続き,昨年を振り返ってみたいと思います.
キノコ島を発見した後,キノコ島を守る拠点として海上要塞を建設しました.
個人的にはこの海上要塞がかなりお気に入りで,ブログのトップ画にもしています.
残念ながら最近あまり訪問していませんが,現在開発中の街が一段落したらこちら方面の開発にも着手しようと考えています.

04
その後,マサラタウンへ帰還し,このとき新たに追加されたブロックも活用しつつマサラタウン駅を建設.建設当初は接続先を考えていませんでしたが,後に新都市との連絡の動脈として活躍してくれます.

17
20
更に,マサラタウン北側の境界としてマサラタウン城壁を建設しています.
実は城壁建設は初めてだったので,デザインの練習がてらと言う感じで作りました.

このペースだと今月は振り返りだけで終わってしまうかもしれませんがご容赦ください.


↑このページのトップヘ