仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

2019年06月

2018-08-17_21.54.32
前回から突入した深い森を更に進んで行きます.
この辺りは既にかなり切り開いて安全性を確保したエリア.

2018-08-17_21.59.22
上空から見るとこんな感じです.
距離は短く見えますが,これだけの道を敷設するのに2時間ほどかかっています.


2018-08-20_23.05.32
辺りが暗いので道を引いた箇所にはすぐに街灯を設置.

2018-08-20_23.16.07
深い森手前から街灯が立ち並んでいます.

2018-08-20_23.17.44
街道の先端からすこし入っただけで一気に暗くなります.

2018-08-20_23.20.55
そこを切り開きつつ街道建設を継続.
なんとか次回で完成予定です.

2018-08-05_23.23.39
西部横断街道建設も終盤,森の中の広場を抜けて深い森へ突入して行きます.


2018-08-05_23.36.51
今広場の真ん中くらいですが,正面に深い森が見えるのがお分かりでしょうか.
数年前に深い森を抜ける街道を建設するときも苦労しましたが,木を切り倒したり,途中でモンスターに襲われたり,深い森での街道建設は結構苦労します.


2018-08-05_23.41.38
とはいえ,建設を進めないと安全な通行は保障されないのでいざ出陣.

2018-08-05_23.41.44
道を敷設しながら進む事にしました.

2018-08-17_21.00.18
ちょっと入っただけで雰囲気が一気に暗く...
そして全然奥が見通せません.

2018-08-17_21.01.37
とりあえず今回は突入した所で物資が無くなりかけていたので撤退.
次回で一気に深い森を抜けようと思います.

2018-08-05_02.15.10
最近はずっと街道建設をしていましたが,ちょっと用事があって久々に六角港市へ帰還しました.
現状,私が建設した町では首都的な扱いになっていますが,もしかしたら将来的にはひまわり港街へ遷都するかもしれません.


2018-08-05_02.15.16
愛犬が数ヶ月以上健気に待っていてくれました.

2018-08-05_02.15.24
港のターミナル.
奥に地図が見えています.
そのうち地図の書き換え+書き込みしないと行けないですね.

2018-08-05_02.15.33
そうとう久々なのでかなり懐かしいです.
左側は鉄プラントですが,1.14になって機能しなくなったようなのでどこかのタイミングで改造しにいく必要がありそうです.

2018-08-05_02.18.49
用事があるのはここ.
蜘蛛スポーンを利用したトラップです.
経験値トラップを兼ねているので手動処理.

2018-08-05_02.18.54
結構な量の糸が溜まりました.

2018-08-05_02.36.38
何を隠そう,ひまわり港街に釣竿を置いていなかったので材料の糸を取りに行っていました.
六角港街でエンチャントも付けて食料確保.

2018-08-05_22.53.45
釣りをしていたら空から襲撃されました.

2018-08-05_02.01.06
街道建設のためにさらに森を切り開き,道を敷設して行きます.
前回から少し進んだところに溶岩湖を発見.
到着した時点で周囲の木が結構燃えていました.

2018-08-05_02.04.51
前回切り開いた所に街灯を設置して行きます.

2018-08-05_02.05.05
上から見下ろすとこんな感じ.
奥の方が前回の最後に載せた開けた土地です.

2018-08-05_02.05.25
2018-08-05_02.05.30

開けた土地の西側から建設中の街道が見えます.
南側は深い森,北側は普通の森.
この広場に作るもの,何か良いアイデアないでしょうか.


2018-08-05_01.46.00
前回,丘を削って真っ直ぐ道を通しました.
今回はそこからどんどん森の中に入って行きます.

2018-08-05_01.46.06
そこそこ起伏もあり,加えて思ったよりも木の密度が高そうです.

2018-08-05_01.52.59
気付いたら周辺の一部は深い森でした.
思ったよりも苦戦しつつ木を切り倒して道を作って行きます.

2018-08-05_01.53.37
そこそこ進んだ辺りで小さな丘に遭遇.


2018-08-05_01.58.07
道を作る前に前方の様子を見る事にします.

2018-08-05_01.54.24
丘の向こうは森の中に開けた草原でした.
こういう,森の中の草原って趣があって結構気に入っています.
将来的にはここに村でも作りたいところです.

↑このページのトップヘ