仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

33

並べたチェストに接続するように自動アイテム分別機を設置します.
ただ単に分別するだけならばここまで高さは要らないのですが,余剰の苗と原木を精錬所へ流す配管を設置する為,これが(恐らく)最小のサイズになっています.

44
分別機はオーソドックスな機構.まず,上からアイテムが流れて分別機で分別されます.
分別されたアイテムはそれぞれのチェスト直増の配管に手前側から接続されます.
このとき,横に接続していても下側のストレージに優先してアイテムが流れるホッパーの性質を利用して,まずはチェストへ,余剰分は分別機下の配管へ流れるようにしています.
確か,上側が原木,下側が苗です.

05
精錬所から見るとホッパーの壁状態.

久々に小ネタ.

48
エリトラが出始めの頃,飛び方を何回も練習しました.
橋沿いにどこまで行けるか...

41
ネザー要塞攻略中に豚の溶岩上りに遭遇.

57
探検中に幽霊船発見.
ボートは動いているのですが,乗組員が見当たりません.
この時期はこのバグが多かった...

08
紅の豚島.
赤いバラと豚と島で紅の豚島.
この後看板を立てておきました.

59
精錬所を稼動させるためには当然ながら燃料が必要となります.
この燃料を供給するために精錬所を作りたいと思います.
場所は精錬所と水路を挟んで反対側,柱が何本か立っている所です.

植林場ですが,この場所に作るのには訳があります.ご存知の通り,余りがちな苗は燃料として使うことが出来ます.そこで,植林所からの余剰苗を自動で精錬所へ流し,更に余剰原木も自動で輸送する事で余剰資源を自動で木炭製造に利用するシステムを構築する事にします.

53
まずは床張り.
市松模様の床は人がアクセスする部分,そうでない床は機械室という様に一応分けています.
10
小さなボート乗り場も設置.向かいの精錬所と同じサイズです.
チェストが沢山並んでいるのはここに分別機を設置して原木・苗の種類ごとに格納するため.
また,右下の砂地部分は余剰アイテムを精錬所へ流すポンプを設置するスペースとなります.

24
精錬所の中には自動精錬機を10台ほど設置しました.
設置位置は概ね柱の間隔.仕組みは色々なところで紹介されていますが,かまど,チェスト,ホッパーを接続した簡単なものです.

29
最初は何台か連結して,一つのチェストに出力を纏めようかと思ったのですが,複数人で使う可能性を考えて今回は接続はやめておきました.
どこか自宅に設置するならば全部出力は纏めてしまいますが.
因みに,今火が付いている右端の1台は後日ある仕掛けをしたいと思っています.

35
水路側の入り口は陸側と反対側に設置.
船が建物の中に入り込んで停泊出来ます.一度に4艘ほど停泊できるので,今の所容量としては十分だと思っています.
水路の向こうには先ほどの仕掛けと関連した設備の建設準備中.
59
港から精錬所横にも道を伸ばしておきます.
これで港前は少しずつ街っぽくなってきたでしょうか.




32
街の水路や道を見てもらうと分かりますが,この街では石のハーフブロックを多用しています.
今までは丸石製造機前の仮拠点で石を焼いていましたが,街の範囲の拡大に伴って供給が追いつかなくなってきました.
そこで,新たに精錬所を作りたいと思います.場所は上の画像の港前,スケルトントラップの向かいです.

48
スケルトントラップが稼動し,骨ブロックの供給が開始されたので早速使ってみます.
一定間隔で柱を立て,,,

42
少し分かりにくいですが入り口部分の柱を赤いテラコッタにしておきます.
また,精錬所に合わせて水路を拡張しました.もちろん,精錬所も水路側から入れる様にする予定です.
15
ひとまず外観は完成.
次回,中の紹介をしたいと思います.



↑このページのトップヘ