仲間たちのマインクラフト開拓記録

仲間たちと2014年からやってきたMinecraft Realmsサーバーの記録です.

Youtubeチャンネルを開設しました.こちらもよろしくお願いいたします.
チャンネルURL
https://www.youtube.com/channel/UCmJjKhqA1Af_GXAQW4b5pLg/

アイテムの自動弁別・貯蔵を行っていると,現実社会と同じようにごみ問題が発生します.特にトラップタワーではゾ〇ビ肉の廃棄が大量に発生するため,これを上手く処理してやる必要があります.


2019-06-21_01.06.53
そこで上のようなごみ捨て回路を設置.
指定の貯蔵場所から溢れたアイテムはここで焼却処理されます.

2019-06-21_01.14.01
焼却処理の様子が見えるように該当箇所は床をガラス張りに.
ちなみに,右から7つ目のチェストがお肉のチェストで,それが溢れた際には専用のホッパー配管を通じて焼却場に送られます.
それ以外のアイテムはできるだけ配管を共用化しています.

2019-06-21_01.15.40
こちらは火薬や矢など重要物資の追加の貯蔵庫で溢れたアイテムを焼却炉に送る配管.
スペースがないので地下を通します.

2019-06-21_01.17.45
動作確認もうまくいっているようです.

2019-06-21_01.18.02
追加貯蔵庫から焼却炉への配管その2.
位置的に焼却炉に近いところは直接流し込むレイアウトを採用しました.

2019-06-21_01.18.05
こちらはメインの貯蔵庫の共用配管.
こちらも床下配管です.

2019-06-21_01.29.01
これで分別・貯蔵部のほぼすべての配管設置が完了しました.
あとはポンプと接続するだけです.

2019-06-21_01.32.07
こちらは建設中の分別・貯蔵設備の城壁からの眺め.
次回以降,ポンプとの接続や建物の建設などに取り掛かろうと思います.

2019-06-17_01.16.30
これまでに作ってきたトラップタワーのアイテムは,ホッパーによる輸送路とこの水柱式エレベータを使って城壁の内側の地上まで運ばれてきます.
運ばれてきたアイテムをただ単にチェストに貯蔵してしまうとアイテムがごちゃごちゃになって利用しにくいので,主要なアイテムを仕分けする選別機+貯蔵庫が収まった建屋を作ろうと思います.

2019-06-21_00.25.07
まず最初に貯蔵用チェストの設置.
どのアイテムをどれだけ貯蔵したいか考えつつチェストを配置していきます.

2019-06-21_00.58.45
こちらはアイテム選別機の下流側.
チェストから溢れたアイテムは,不要なものは焼却炉へ,必要なものは別の貯蔵建屋へ送られるようにここで再度選別を行います.


2019-06-21_00.58.51
整然と並ぶ選別機.
このワールドでは何度も選別機を作っているのでお手の物です.

2019-06-21_00.59.00
こちらは上から見た様子.
中央~右側のチェスト群はメインの貯蔵棟で,左側が矢・火薬・骨の追加の貯蔵庫です.
少し分かり難いですが,焼却炉にアイテムが送られる前に3つの選別機をつけており,これで追加の貯蔵庫へアイテムを送っています.

2019-06-16_17.09.38
ひまわり港街に建設中のトラップタワーは基本的には海からボートでアクセスることを想定してします.ただし,本体建設中はアクセスルートはほぼ自然の形で放置されており,ワイルドな上陸を強いられていました.
そこで今回はここに船着き場を作ろうと思います.

2019-06-16_23.51.32
まずは多少の高級感を出すために生垣でエリアを囲います.

2019-06-16_23.51.34
なるべく島を削らずに済むように,すこし大きめに.

2019-06-16_23.58.54
ちょっと分かり難いですが,入り口には石レンガでアーチを作りました.

2019-06-17_00.11.57
ボートで上陸するとこんな感じです.照明も多めに設置しておきました.

2019-06-21_00.13.46
見える部分は水面下まで石レンガで覆って完成.
ベネツィアにこんな建物の入り口あったようななかったような.

2019-06-16_16.50.28
前回,トラップタワーの処理層から街へのアイテム輸送ラインを建設しました.
一方でトラップタワーの外壁は手付かず状態です.ということで,外壁を建設していこうと思います.
まずは窓枠の位置決めから.結構窓を多めにして内部が明るくなるようにしたいと思います.

2019-06-16_17.01.26
並行して外壁の枠を建設.

2019-06-16_17.06.24
そこに窓と壁面を作っていきます.
2m間隔で窓が並ぶ開放的な設計となっています.

2019-06-16_17.09.38
トラップタワー島の城壁側には元の地面が残っているのでこちら側を入り口に.

2019-06-16_17.09.51
因みに城壁の反対側を向くとアイテム輸送のパイプラインが顔を出しています.

2019-06-16_17.10.42
位置関係はこんな感じです.

2019-06-16_17.35.04
これは地上入り口を入ったところ.
柵の内側は処理層への階段,石レンガの壁の向こう側が湧き層です.

2019-06-16_17.35.06
入り口を入って左を向くと制御盤へ続く廊下になっています.

2019-06-16_17.37.16
スペクテイターでパイプラインも含めた全景をみるとこんな感じ.
地上よりも地下の方が巨大な設備なのがよくわかります.

2019-06-11_01.16.55
トラップタワー本体は完成しましたが,現状ではアイテムを回収するために毎回この地下深くまで下りてくる必要があります.
しかもこのトラップタワーは街の外の島に建設しているので毎回船を繰り出す必要があり,かなり面倒です.

2019-06-12_00.57.07
そこで街の中に居ながらアイテムを回収できるようにアイテム輸送用のパイプラインを作ります.
まずは軸となる簡易的な通路を建設.

2019-06-12_01.10.35
さらにパイプライン用にこの通路を拡張します.
一段低くなっているところがホッパーが設置されるパイプライン用の溝,一段高いところが通路となっています.

2019-06-12_01.24.50
スペクテイターで見るとこんな感じです.

2019-06-16_15.35.58
このまま街の直下まで掘り進みました.ここまでは水平輸送ですが,ここからは垂直輸送です.
ちょうど建設を計画していた時期のアップデートでアイテムが水に浮くようになったので,ドロッパーで水の中にアイテムを吐き出して上で回収する機構としました.


2019-06-16_15.36.01
少し分かり難いかもしれませんが回路はこんな感じ.
コンパレータ1つとリピータ2つでアイテムがドロッパーにある時にクロック信号を発生させます.

2019-06-16_16.03.24
水による垂直輸送ラインを建設しつつ,その周りに階段を設置して街から徒歩でトラップタワーを行き来できるようにしておきます.

2019-06-16_16.04.49
こちらは建設中の通路.階段1周で結構な高さまで登ってこれます.

2019-06-16_16.28.42
上を見上げると大体9mくらいでしょうか.

2019-06-16_16.28.55
石の層が終わり土のスペースに変わりました.ということは...

2019-06-16_16.36.47
ついに地上までの輸送路建設が完了しました!

2019-06-16_16.46.05
20m以上の深さがあるので下の方は真っ暗です.

↑このページのトップヘ